料金から講師を選ぶ

セミナー

地域のために考えたい

イベントとして地域や企業で講演を行う際は、講師料を定めた上で企画を組みます。講師料は誰を招くのかによって変動しますので相場額はありません。できるだけ安価に人を呼びたい場合、2万円ほどで済む講師もいますのでよく選びましょう。講演では講師の体験や積み重ねた知識を疲労してもらうため、その情報に関して講師料を支払います。また講師は講演のためにスライドや話を準備しますから、手間賃や拘束代金も入っています。講師料が高価な方であれば100万円以上を視野に入れて人を探しましょう。テレビタレントとしても引っ張りだこで活躍されている人を招くことができます。こうした人を使ってイベントを行えば聴衆も多く集まりますから、地域振興の役に立つでしょう。またそれにより地域の商店街や観光地に人が訪れてくれるため、支出する額と同じくらいの見返りが得られるものです。知識を授けてくれるインテリジェンスではなくお笑いの人にも講師として来てもらえますので、一般の人たちに喜んでもらいたい場合はフランクな講演を開催しましょう。お笑い芸人さんは安くて50万円ほどで来てもらえます。子供向けのイベントであればゲームやクイズなど面白い催しを講演に取り入れてくれる人を呼ぶと場が盛り上がります。講師を派遣している企業のサイトを使えば、価格帯に応じて人を選べるため手間がかかりません。またその中でも人気上位にいる人材を絞り込めるのです。多くの人から愛されている講師を呼ぶようにしましょう。