講師を選びたい時

男性と女性

オファーの方法

社員や地域のために講師を招いて講演を開きたい時があります。すでに招きたい講師が決まっている際は、まず当人に連絡を入れてみましょう。事務所やサイト経由で講演依頼を受け付けている人は少なくありません。テレビで取り上げられている旬の知識人はスケジュールが埋まりがちですから、早い時期にオファーを出してイベントを組むことが大切です。もしもどのような講師を招待すれば良いのか分からない時は、派遣企業のサイトを閲覧してみましょう。オファーできる講師が掲載されています。講師を絞り込む際にまず考えたいのが講師料です。地域で開催するイベントであれば聴衆からお金を取るわけにはいきませんので、支出できる額を正確に見積もっておきましょう。できるだけ安価な講師料でイベントを開きたい場合、2万円から6万円ほどを視野に入れて人を探します。高価な講師料の方を招く場合、数百万円ほど必要になるケースもあります。講師料は得られる情報との兼ね合いで適正価格が決まるものでもありますから、必要な知識を授けてくれる人を招きましょう。支出できる金額を提示して、派遣スタッフから講師を絞り込んでもらうのも良いでしょう。派遣企業が開いているサイトには講師料だけでなく、話せるジャンルで講師を絞り込めます。ジャンルはスポーツやライフスタイルなど細かく分かれていますので、地域で話してほしい話題が見つかります。また講師によっては自分が話せるテーマを定めている方もおられます。