レディー

肝臓の数値を安定させて健康な体へ|サプリ効果で元気な体を実感

肝機能を保つため

メディシン

血液中のALTとAST

肝臓が正常に機能しているかどうかは、ALTとASTという2種類の数値によってチェックされています。ALTもASTも、肝細胞内に含まれている酵素です。脂肪分やアルコールなどの過剰摂取が原因となって肝臓が弱っていると、肝細胞がダメージを受けることで、これらは血液中に放出されます。つまり血液検査の結果、これらが多く発見されれば、それだけ肝臓が弱っていると言えるわけです。逆にそれぞれの数値が基準値内でおさまっていれば、肝臓は健康な状態ということです。しかし昨今では、健康食品によってこれらの数値の上昇を抑えることが可能となっています。利用するだけで手軽に肝機能を保つことが可能になるので、需要の高まりが予想されています。

食生活の見直しも必要

肝機能を保つ健康食品には具体的には、タウリンやオルニチンのサプリメントがあります。タウリンを摂取すると、脂肪分の摂取による肝臓の負担が、オルニチンを摂取すると、アルコールの摂取による肝臓の負担が、それぞれ少なくなるのです。負担が軽減されれば、その分肝細胞が受けるダメージも少なくなります。つまりALTもASTも、血液中に放出されにくくなるということです。ただし、いくら健康食品を利用していても、その効果を上回るほどの量の脂質やアルコールを摂取していては、結局ALTの数値もASTの数値も上昇してしまいます。そのため肝臓を守るには、健康食品に頼るだけでなく、日頃の食生活を見直すという努力も、必要となってきます。