男性と女性

講師を選びたい時

地域のために講師を招いて講演を開く際はまず支出できる講師料を考えます。安価であれば2万円から6万円ほどで講師を呼べます。講師の派遣企業を活用すれば講師料や話せるジャンルから人を絞り込めるため便利です。

セミナー

料金から講師を選ぶ

できるだけ安価に講師を招いてイベントを行う際は2万円ほどの講師料で済む人材を探してみましょう。またお笑いタレントの方を呼べばフランクな講演イベントになります。派遣企業のサイトを使って価格帯に応じて人を選びましょう。

握手

感謝の気持ちを込めて

講師を招いて講演を行ったら謝礼や交通費を渡します。白い無地の封筒に表書きを書いて、講師料として決められた金額の新札を入れておきます。イベントが終わった後に相手が落ち着いたタイミングを見計らって渡します。

メンズ

講師にいくら払うのか

講師料については、例えば大学教授クラス30,000円、大学准教授クラス25,000円など、目安はあります。しかし、詳細は講師との打合せの中で詳細は決めることになります。何より大事なのは、双方が共通認識を持つこと。よい講演会となるよう、きちんと話し合うことが何よりのポイントです。

講義

ブランド価値を上げる

セミナーやイベント等で講師をする場合の講師料は一般的に5万円から10万円程度ですが、自分のブランド価値によって講師料は大きく異なります。常にブランディングをして自分の価値を高めておけばそ講師料も必然的に上がりますが、ブランド価値を高めればセミナー等の集客にも繋がり、イベントの成功にも繋がります

予算と目的に合わせて

女性

選ぶときのポイント

講演を行いたいと思っている主催者にとって、講師料は大きな問題です。予算的な側面から見ると講師料は抑えたいのですが、集客のためにはより知名度のある講師を招く方が効果的です。知名度のある有名人気講師はやはり講師料も高くなります。ただ、必ずしも知名度のある有名人気講師であることが講演の成功に必須なわけではありません。何をもって講演を成功とみなすかによって講師の選び方も変わってきます。単に集客が目的ならば、やはり一定の知名度は必要です。ただ、ターゲットを絞り込むことで、特定の層にのみ知名度がある講師をチョイスするという選択肢も出てきます。このようなタイプの講師ならば講師料もそこまで高くはありません。商品の購入やPRにつなげたいのならば、講師の知名度よりも話術のうまさがポイントとなります。あるいは入場特典をつけて入場したくなるようにするのもおすすめです。ビジネスマナー講座など、指導やコーチを目的とするのならば、そういった分野の専門性がある講師を選ぶべきでしょう。この場合は知名度ではなく、ベテランかそうでないかによって講師料が変わってきます。また、知名度が欲しいものの、予算の関係から知名度のある講師が招聘できなかった場合は、事前にPRと周知を十分に行っておくことで話題を作ることはできます。あるいは、何らかの条件と引き替えに講師料の値引きを交渉することもできないわけではありません。講師の宣伝を請け負う、出版物の販売などを行うなどの条件で値引きが行えることがあります。